Webコンテンツライティングに関しましては以下の手順を踏みます。

①Web解析の基、SEOのキーワードを抽出し提出します

②お客様がキーワードを基にライティングします

③コンサルティングサービスはライティングされたコンテンツを、SEOでヒットしやすい形に添削します

運用代行サービスは、ライティングされたコンテンツをSEOでヒットしやすい形にリライトします

④完成したら本番サイトに掲載します

ライティング・フローチャート

これは、実際に業務や専門知識に関することは、Webコンテンツライティング支援センターでもあなたには叶いません。
例えばあなたが印刷会社の人だとして、印刷に関する業務の話や専門的なことは、あなたの方がずっと知っています。

私が、一生懸命印刷に関して勉強しても、到底あなたには及びません。

そのため、キーワードはWebコンテンツライティング支援センターの方で、抽出し、この「記事を書いてください」と提案しますが、

それに関する記事はまずは、あなたに書いていただきます。

それをコンサルティングサービスは、添削し「このように書き換えてください」と再提案します。
運用代行サービスは私の方でリライトします。

このリライトは、SEOでヒットしやすいように記事に足したり、一般ユーザーの見解を書いたり、表現を変えたりします。

それを繰り返し、問題なくなれば、記事をアップします。

月に4本提案しますが、もっと書きたい場合は1本8000円で請け負います。